観光とも旅とも違う。
 もっと気楽に、もっと軽やかに。

友達んちに行くような、
 親戚の家を訪ねるような。

ゆったりとした時間と空間、
 あなたの好奇心とともに。

さぁ、ちょっくらOKIへ。
島根県隠岐の島。春、元屋地区に咲く満開の桜。
島根県隠岐の島。真っ赤な太陽が海に沈む。津戸港で夕日を眺めながら過ごす時間。

ちょっくらOKIが伝えたいこと

これからさらに目まぐるしく変化していく社会。

日々の生活、仕事に追われ、慌ただしく過ごす毎日。

気がつけば溜まるストレス、感じるプレッシャー。

疲れたり、迷ったり、悩んだり、頑張りすぎていませんか?

リゾート地でも超観光地でもない隠岐の島。

「ゆったりとした時間と空間」の中で、普段はなかなか取ることのできない「自分と向き合う時間」を過ごしてもらいたいと思っています。​

​そして、好きなこと、やりたいこと、興味のあることに無邪気な姿をみせるあなたに出会いたいと思っています。

ちょっくらOKIは友人のように、遠い親戚のようにあなたを出迎え、見送ります。

隠岐の島について

隠岐の島は島根県にあり、島後1島(隠岐の島町)と島前3島(西ノ島町・海士町・知夫村)の4島で成り立っています。

ちょっくらOKIがあるのは島後(隠岐の島町)です。

観光シーズンは4月から10月までですが、観光客でごった返すということはなかなかありません。

冬の海は荒く、空に太陽が現れる時間も短く、日本海に浮かぶ島は夏とは異なる顔を見せ、そのギャップに驚かされます。

24時間営業のコンビニもチェーン店のファストフードやファミレスもレジャー・アミューズメント施設もないけれど、島ではそれがあたりまえ。生活に不便を感じることはあまりありません。

 

暮らしの中に楽しみを見つける!そんな人たちが暮らしている島です。

島根県隠岐の島。青い空と青い海。金峯山を背景に、西郷港とその周辺に広がる町並みを一望。
島根県隠岐の島。白い雲が浮かぶ青い空。都万地区にある高田山を背景に、赤と黒の瓦屋根、緑の田園が見える風景。

ちょっくらOKI​がみる隠岐の島

ちょっくらOKIは暮らしをベースにした普段着の隠岐の島がおもしろいと感じています。そして、ここに暮らす多彩な人々に魅せられています。これらは一年を通して、楽しめます。

漁港や田園風景、瓦屋根、数多くの神社、飾り気のない伝統行事、庭先で育てられる野菜、島育ちの果物、豊富な魚介類。

お互いに気遣い、労わり合い、島全体が家族のようです。

「生きるに困らない島」と言われていたそうですが、時代がどんなに変わっても、​このままの島であって欲しいと願います。

ちょっくらOKIができること

コンシェルジュサービス

ちょっくらOKIは旅行業務の範囲上、島後(隠岐の島町)までの交通手配ができません。個人でご手配、または既存のツアーを利用してご来島ください。

島までのアクセス方法、島内観光スポット、おすすめコース、島での過ごし方、長期滞在、移住・定住等、ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。ご要望をお聞きし、丁寧にお応えします。

アテンドサービス

移住・定住、里帰りなど、観光スポット以外のご案内、同行をいたします。

具体的な内容をご入力の上、​まずはメールにてお問い合わせください。

現地発着オプショナルツアー

個人旅行・少人数グループを対象とした隠岐の島町(島後)発着の日帰りツアーをご提供します。

​地域に密着したローカルなちょい旅。

初めての方もリピーターのみなさまにもご満足いただけるようプランニングします。

おひとり様、大歓迎です。

​各種手配

レンタカー、レンタサイクル、観光タクシー、アクティビティ、​宿泊などの手配をいたします。

メールでお問い合わせいただくことで、ご希望に沿った細やかな手配が可能になります。

観光ガイド

島ぐらし4年目の「たきB.A」が島の歴史、文化、行事、人々の暮らしなどについてお伝えしながらまわります。

会話を楽しみながら、​心地よく過ごしていただけるよう、ご満足いただけるよう、ご案内します。

新着情報